03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-10-19 (Fri)
海が虹の橋へ旅立て1か月が経ちました。

昨日は、18日でお寺の合同慰霊祭があったので、本当は納骨する予定だったのですが・・・
やはりどうしても、海を手放せなくて・・・納骨はやめてお塔婆だけお願いして、
会社帰りに参加してきました。

合同慰霊祭は、15時と19時の2回行われ、本堂での慰霊祭の後、
きちんと霊座3か所すべてに来て、お坊さんがそれぞれにお経を唱えてくれます。
参加は無料なので、昨日も席がなくなるほど人がたくさん来ていました。

そこにいる人たちはみんな大切な家族を亡くした人たちで、
そこにいる時だけは、悲しみを共有できる空間ができます。

このお寺には空ちゃんがいるので、ほとんど毎月お参りに来ていますが、
来月こそは海ちゃんをここに納めようと、思っています。


海がいなくなって、今思うのは・・・海は本当に優しい、いい子だったってこと、
そして、我が家のアイドルであり、大切な子供だったんだなぁ・・・って、つくづく思います。

海がいるだけで、みんなが笑顔になれて、ケンカもしないで、楽しく毎日が過ごせました。
とにかく、あれだけ人懐こくて、優しくて、スキンシップが大好きな子は、
初めてでしたから、海がかわいくて、かわいくて・・・仕方なかったです。
そして、毎日毎日「ねーちゃんすき!」って言われて私は、
海とのラブラブ生活を夢のように過ごしていました。

だから、会社から帰えるのがすごく楽しみで楽しみで仕方なかったし、
海や恋と一緒に過ごすことが多かったので、いつも引きこもって
家の中でばかり過ごしていました。

海と過ごした1分1秒を思い出しては、私の心は暖かい気持ちでいっぱいになります。
海は虹の橋に逝った後も、私を思い出の中で幸せな気持ちにしてくれます。

そして恋も・・・毎晩、「うみちゃん」「うみ~~~」と、必ず何度となく言っています。
恋も忘れてないんだよね・・・海のことを。

海のかわいい姿、元気いっぱな姿を忘れないこと。
あのかわいい声を忘れないこと。
愛情いっぱいのちゅーを忘れないこと。

それが海にとっての一番の供養になるかな?と、今は思っています。

うんん、違う違う・・・海の供養でなくって、私の唯一の心のよりどころです。


海・・・本当に、ありがとうね。^^


umisukisuki.jpg




追記

実はここ10日ほど、PCのモニターの調子が悪く、修理に出していました。><
そして、やっと昨日戻ってきました。

なんか・・・画面が明るくてびっくりです。^^

海の写真が奇麗に見れて、なんだか・・・うれしい・・・。^^v



スポンサーサイト
| 空ちゃんへ | COM(0) | TB(0) |
2012-10-06 (Sat)
海ちゃんが亡くなった時に、私は可愛い口元の丸い黒い点の羽を切り、
荼毘の後に、頼んで足のツメを探してもらい大切に今手元にとってあります。

体の一部の骨だと、海も虹の橋で不自由があると悪いので、
ツメならば伸びると思い、ツメを探してもらいました。

そして、先日羽とツメを入れるために注文したカロートペンダントが届きました。

umi_kaloto02.jpg

表には海の頭文字「U」で、裏面には・・・


umi_kaloto01.jpg

海ちゃんが毎日言っていた言葉、「海ちゃん☆大好き」といれました。
(本当はいつも「海ちゃん好き」と言っていたのですが。。。おまけで大を入れました。^^)


海は口癖のように、「うみちゃんすきすきすきすき・・・ねーちゃんすきすきすきすき・・・」
と、毎日毎日言っていました。

だから、海がしゃべっていた言葉をそのまま刻印しました。


海がそれだけしゃべっていたってことは・・・私が毎日海ちゃんや恋ちゃんに
すきすきすきすき・・・・・・・・・・って言っていたんですけどね。^^


まだ中には羽とツメをいれていませんが、この連休中に納めて
連休明けから、使おうと思っています。


これでずっと、海ちゃんと一緒です。



ずっと、ずっとね




| 空ちゃんへ | COM(0) | TB(0) |
2012-10-02 (Tue)
ずっと一緒に暮らしていた家族を亡くしたことがある人は知っている・・・

亡くなった時よりも、亡くなったことを実感させられる日々の方が

もっとずっと辛く、悲しいことを。


父の時もそうだったな・・・


大切な家族が亡くなったのに、

自分が笑っているということに、酷い罪悪感で一杯になる。


家族を亡くしたことがない人は、そういう痛みを知らないと思うけど・・・

そういう痛みを知らない人は、幸せな人だと思う。


そういう痛みは知らない方が、ずっとずっと生きやすい。


・・・・と、私は思う。



今でも亡くした家族の歳を数えている私がいる。

父が生きていたら・・・空ちゃんが生きていたら・・・今年はいくつだろうって。


そして今度は、海ちゃんの歳を私は毎年考えるんだろうなって・・・。








| 空ちゃんへ | COM(2) | TB(0) |
2012-09-30 (Sun)
私のあまり更新されないブログを見て下さっている方から、
海ちゃんへのお花のお申し出を頂きました。

そのお申し出を受けると、何だか・・・ずうずうしぃかなぁ・・・とか、
色々悩んで、考えたのですが、海ちゃんならそんなことを考えず、素直に「ありがとう」って、
嬉しそうに受け取るだろうなぁ・・・って思い、
私自身弱っている時なので、素直に甘えさせてもらおうと、お申し出をお受けしました。

そして、昨日朝に素敵なビタミンカラーのお花が届きました。


umibye02.jpg


ちょうど前頂いたお花が、2日前に枯れてしまい、キク等の地味なお花だったので、
何だか・・・凄くパット明るくなり、母も大喜びでした。
可愛いラッピングだったので、花瓶にラッピングをくるんで飾っています。
海ちゃんも、とっても元気な明るい子だったので・・・
ビタミンカラーのお花を凄く喜んでいると思います。

umibye01.jpg



毎日、お花の水をかえて・・・毎日海ちゃんの遺骨をハグして・・・
ローソクやお線香を灯して、海がまた我が家に戻ってくるようにって願って・・・。

そんな毎日を繰替えして、人の優しさに甘えて、
少しずつ少しずつ自分の心の中で、悲しみを昇華していくのかな・・・と、
そんな風に思ってます。

ただ、海ちゃんと出会い過ごした大切な時間は私のかけがえのない時間で、
海ちゃんと出会えたことを本当に、本当に幸せに思ってます。

だから、そんな幸せな気持ちをもてたことを大切にして、
海ちゃんとの思いでも大切にして・・・いきたいなと思います。



○○さん、素敵なお花を、本当にありがとう。^^

海もとっても喜んでいると思います。


感謝★


| 空ちゃんへ | COM(4) | TB(0) |
2012-09-28 (Fri)
海がいなくなって、家族みんな・・・とても淋しく悲しく辛い気持ちの日が続いています。

恋ちゃんにいたっては、ケージの中でご飯を食べないので
外で私が食べさせているありさまです。
ケージの中にいても、海が隣でご飯を食べていた時は、
恋も必ず一緒に食べていました。
一緒に食べる人がいなくなって、
恋はすっかりご飯を食べることを忘れてしまったような感じです。
その他にも、恋の変貌ぶりは驚かされることばかりです。
海がいなくなって恋は凄い甘えん坊になりました。
今だから余計、恋が甘えることを受け止めてあげようと思って、
親ばか丸出しで、恋のことを可愛がっています。


だからと言って、海のことを忘れることはありません。

必ず朝起きた時、会社に行く時、帰って来た時、寝る時・・・
海ちゃんの遺骨をぎゅっと必ず抱きしめています。

そうすると、とってもほっとして、安心した気持ちになります。

なんだろう・・・あの気持ちは・・・小さい頃の母の手のような
そんな安心感と温かさを海から感じます。

海のことを思い出す時は、いつも不思議と、とっても心が温かくなり・・・
心の中にいる海ちゃんの声や姿に思わず笑ってしまう自分がいます。

海ちゃんは、私がずっと見つめると恥ずかしそうにビービー鳴きながら、
勢いよく飛んで逃げていったなぁ・・・とか、
悪いことすると、怒られるのがわっていたから、私に怒られないように
母の方へ隠れるように飛んで行ったり・・・・
私が海のこと相手にしないと、耳元まできて「ねーちゃんすきチュ~~~」って、
おべっか使っていたな・・・とか。
海の声はミッキーマウスに似てたなぁ・・・とか。

思い出す海は、どれもかわいくて・・・どこまでも人間臭くて、
愛らしくて、大きな存在だったと今でも感じています。

海が亡くなった時のことは、今でも思い出したくないほど辛いけど・・・

毎日の生活の中での海ちゃんの姿を思い出すと、
その姿はどれも、私を幸せに包んでくれて、
今でも私を思わず笑わせてくれて、そして・・・温かい気持ち満たしてくれます。


あぁ・・・これが、心の中に生きてるってことなのかな。。。と
初めて感じました。


海ちゃんはきっと私の心の中で生き続けるのだと思いました。



本当は、心の中だけじゃいやなんだけど・・・・・・ね。








| 空ちゃんへ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。