08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-09-16 (Sun)
海と恋の病院で、私は天使を見た。

その子は、おばあちゃんの手の中にいた。

羽の色は海ちゃんと同じだけど、海の白い部分、その子はレモン色だった。
おばあちゃんが大事のそうに、タオルの中に包んでいて・・
その子は顔だけしか見えていなかった。
カラーをしていたので、手術をしたんだなぁ・・・なんて思っていた。

とにかくよくしゃべる。
おばあちゃんと会話をしているようによくお話をする。
私はたまたま隣の席で海と恋の番がくるのを待っていた。

二人の会話をほほえましく見ていたのだけど。。。
その天使は、全身麻痺でほとんど体を動かすことができない子だった。
首から下の羽もほとんどなく、ひとりでう●Pをすることもできなかった。
だけど、おばあちゃんは大事に大事にその子にずっと話しかけていて、
その子も、おばあちゃんと一緒にいて楽しそうだった。

二人を見てて、この人たちはお互いが大切で必要な存在なのだと思った。
あんな小さい体ででも一生懸命生きようとしている・・・と言うか、
自分の状況を普通に受け入れて、普通に生活している。

天使の偉大なところは、そういうところなのです・・・。


もちろんおばあちゃんも御世話は大変だと思うけど、
おばあちゃんもきっと、その御世話を日常の中で当たり前にしてるのだと思います。

私は二人の温かい家族を見ながら、この二人がずっとずっと幸せに暮らせるといいなぁ・・・
って、心から思った。




さてさて・・・うちの天使たちですが・・・。
まだ、海は声がでません。回復度70%ってとこでしょうか?

だけど、ご飯もいっぱい食べて元気です。



最近は・・・この子に浮気していますwww


umi_mote.jpg



恋は、ネムネム・・・餌に埋もれて寝ています。^^

ren_sleep.jpg





天使たちは、家族に幸せを運んできます。


なんていっても、幸せの青い鳥ですからっ♪^^v






スポンサーサイト
| 小鳥さんのこと | COM(0) | TB(0) |
2011-07-17 (Sun)
我が家の子供たちは本当に小さく、
体重わずか30gちょっとしかありません。

だけど、その体には赤い血が流れ、ご飯も食べて、うんPもするし、
怒ったり、喜んだり、好きだったり、嫌いだったり、
言葉はなくとも、ちゃんと心と感情、子供たちの想いがしっかり宿っています。

目をぱちくりさせて、うれしそうに飛んで、おいしそうに食べて、
私が会社に行く時は、恋は私から離れようとしないで、
ずっと部屋で鳴きっぱなしです。
きっと私が行って寂しいんでしょう。^^

こんな小さな子たちでも、とってもとっても一生懸命に生きています。
そして、私たちの生活の中で楽しく?一緒に暮らしてくれています。




ここ数カ月で地震とか災害とか・・・色々なことがあって、
人だけではなく、たくさんの動物たちも命を失いました。

わんこも、にゃんこも、牛も豚もみんなうちの子供たちと同じように、
感情があり、想いがあり、心があり・・・血が通い・・・。
言葉がないだけで、人と全く同じ命が宿っています。

飼い主を待ち続けて、鎖に繋がれていないのに家の前で餓死した子。
家のにわとりを他の犬から守って、大ケガをしながらも、家を守り続けた子。
生まれたばかりで死んだ親牛の横でガリガリになって生き続けていた子牛。
共食いをして亡くなったネコちゃんたち。

みんな、飼い主を信じ、待ち続け、一生懸命生きようとしていた子たちです。
どんなに心細く、不安で、寒い中で、人間を待ち続けていたのでしょう・・・。



我が家の子供たちは、私に色々なことを教えてくれます。
まっすぐで、やさしくて・・・人間の家族となんら変わりなく、
いえ、人間よりもずっと純粋な気持ちを持っているかもしれません。

私は、できる限りこの子たちの想いに答えてあげたいと思っています。
そして、もちろん!いつでも命を守ってあげたいと思っています。
どんなことがあっても、この子たちを離すことは決してありません。


弱い、動物たちを救えない国が、人を救えるのでしょうか・・・。



どうか、忘れないでください。

動物たちにも心があり、感情があり、私たちと同じ命が宿っていること。

そして、家族ならその子たちの気持ちに応えてあげてください。


大切な大切な命を見捨てないで・・・。


| 小鳥さんのこと | COM(2) | TB(0) |
2011-03-22 (Tue)
最近TVを見て、泣いてばかりいるハナです。(-_-;)


先日、TVで震災にあって避難所から救急車で搬送された方の
ドキュメントを放送していました。

運ばれたのは、お母様。

避難所での生活が大変だったのでしょう・・・
お母様は残念ながら亡くなられました。

一緒に付き添ってきていたお嬢さんが、
「私はお母さんなしでは生きていけないんです!」といった言葉に、
自分の姿を思い浮かべました。

お母さんが亡くなって、お医者さんや看護婦さんに対して、
彼女は気丈にも「ありがとうございました・・・」と、
深々と頭を下げていました。

私は今、母と一緒に住んでいます。
兄はいますが、遠くにいるので・・・実質
二人&二人の子供たちが私の家族です。

地震でもし、私が今の大切な家族を失ったら・・・
私はとても一人で生きていく自信はありません。

震災にあった方々が、今どのような気持で毎日を生きているのか・・・
その計り知れない深い悲しみを、今こうしてノー天気に暮らしている私には、
とても理解することはできません。
「みなさんの気持、わかりますよ」なんて薄っぺらな言葉、
とても怖くて口には出せません。

ただ一言、苦しい時は苦しい・・・悲しい時は悲しいって・・・
自分の気持ちに我慢をしないでください。
その辛い心すべてを受け止めてあげることはできませんが、
針の穴ほどの光でもいいから、
どうか・・・希望を持って生きてほしい・・・。

がんばれっ!ニッポン!もうすぐ春ですよーっ!^^

・・・と言うことで、最近の海と恋ですが・・・。
いつもこんな感じなのですよ・・・。

ren_umi_pen.jpg

海ちゃんのちゅーちゅーを、冷たい目で見ている恋・・・。
海ちゃん、ペンペンと恋とどっちが好きなんだろう・・・。
と・・・最近私も悩んでいます。(悩)
お二人とも、思春期で難しい年頃なのですよっ。(-_-;)


それじゃ。。。恋は、ペンぺん嫌い?!

かと思うと・・・。


実は・・・


ren_pen.jpg

ぺんぺんと添い寝するほど好きなんだよねっ!^^


と・・・言うことで、海も恋もぺんぺんが大好きなのです。


それじゃぁ・・・おねーちゃんはすきぃ?
すきぃ?すきぃ??って・・・聞くと、
二人とも黙って、私をつついて逃げていきました。><


そんな冷たすぎるよ・・・子供たち。

みんな仲良く!仲良く!しようねっ!^^

| 小鳥さんのこと | COM(2) | TB(0) |
2010-10-18 (Mon)
ご報告が遅れましたが、先週の土曜日恋が退院しました。^^

土曜日ちょうど面会の予約をとっていたのですが、
朝電話があって、今日退院できるとのこと。
あぁ~~~~やったぁ!!!!^^

退院の準備をして・・・入院費用の痛い支払いのお金を銀行から下ろして・・・
喜び勇んで病院へ向かいました。^^

恋ちゃん・・・めちゃくちゃ元気いっぱいです!
体重も30gまで増えていました。^^
なんとか普通の子の近くまで体重回復です。^^

ren01.jpg

羽もきれいほぼ生えそろっていました。
ヒナの時の1週間は長かったです。
一番手がかかり、一番かわいい盛りなので、
恋がどこまで私を覚えていてくれて、なついてくれるか・・・
かなり心配でした。

恋の体調が悪かったのはたぶん・・・挿餌のせいだと思います。
ペットショップではラウディブッシュのフォーミュラーと
ダイエット(メンテナンス)の固形エサを与えられていました。
それを先生に話すと・・・

先生「幼鳥のときはタンパク質がとても必要ですが・・・
 メンテナンスだとたんぱく質が全然足りません。
 メンテナンスは成鳥のダイエット用なので、
 幼鳥には向かないですよ。
 ペットショップでは一人エサの訓練で混ぜて食べさていたのでしょうが・・・
 幼鳥の栄養としては不十分です。」

ハナ「そうですか・・・フォーミュラーだけでも大丈夫ですかね?
 ただ、食帯が心配なんですが・・・」

先生「うちではラウディブッシュのフォーミュラーではなく
 ケィティーのフォーミュラーをあげています。
 そちらの方が食帯になりにくいからです。^^」

・・・と言うことで、今では我が家は海ちゃんにも恋ちゃんにも、
ケィティーフォーミュラーをあげています。

空や風ちゃんのときは、フォーミュラー&あわえさだったせいか、
フォミュラーは一袋使わずに必ず余っていたのですが・・・
今回は、二羽ということもありますが・・・二人の異常な食欲のお陰で?!
3袋目の突入しました。><
まっ、嬉しいかぎりですっ!^^

それに今は、一人エサになるように・・・ハリソンの幼鳥ようの
ペレットを捲き散らして、食べるように促しています。
最終的は、ハリソンのペレットを食べるようになってほしいなぁ・・・と、思っています。
ただ、ハリソンのペレットは普通のお店では売ってなく動物病院で
購入することになるので、ちょっと面倒ですが・・・。
二羽が元気いっぱいに育ってくれればそれでOKです!

ren.jpg

・・・と言うことで恋が元気に午前中に退院して・・・
午後は母が一時外泊ということで・・・子供たちのご飯をあげたあと、
急いで病院へお迎えに行って・・・。
帰ってきたと思ったら・・・叔母の遺品の整理にきてたいとこが、
一人ご飯が寂しいというので・・・夕方からご飯を食べに我が家にきました。

それからは・・・戦争でした><

子供たちの食事の用意・・・大人たちの食事の用意・・・。
その合間をぬって、洗濯をしたり・・・
子供たちには、いま3時間おきにご飯をあげていて、
それも二羽ともお薬があるので、
それぞれ別のご飯を用意しなくてはならなくって・・・
それがとっても大変です。><

帰った後、後かたずけをして・・・
お風呂はまだ怖いと言うので、母のシャワーの準備をして・・・
母が髪を染めるというので、勝手に染めてもらいましたっ!ww

とにかく・・・土曜日は忙しかったです。><

いとこが来なければ・・・母を美容室に連れていって、
帰りにお寿司を食べて、まったりと二人で過ごそうと思っていたのですが・・・
土曜日・日曜日と・・・ほんとあわただしくって、
あっというまに時間が過ぎました。><

日曜日朝は、疲れのせいか・・・めまいが起きて、起きれなくって・・・
ちょっと大変でした。
栄養ドリンク飲んで、自分をふるいたたせ、
子供たちに6時30分頃ご飯をあげて、もう一度寝て。

母は、ちょこちょこと一生懸命自分のことをやってくれていました。
洗濯とか、病院へ持っていく荷物の荷造りとか・・・
昨日シャワーで使ったお風呂場の片付けとか、
お昼に食べるお米を研いでくれたりとか・・・。

足の長さが変わって・・・それが不自由だと言ってました。
くつはインソール入っているので、高さがあっているのですが
くつを履かないとそれがよくわかるって。
後は・・・やっぱりベットは必要かなぁ・・・と思いました。
ま・・・すべては慣れだと思うので、退院後は本人にちょっとづつ
頑張ってもらうしかないのですが、今週末の退院まで、
子供たちと首を長くして母の退院を待つことになります。^^


あっ!そうそう・・・
海と恋ですが・・・この二羽・・・。
久しぶりに会って、微妙な行動を・・・(謎

それはまた今度、ブログで更新します!^^

さって、今から子供たちにご飯を食べさせて、
母の病院に行ってきます。

ママは忙しいのです。^^





| 小鳥さんのこと | COM(0) | TB(0) |
2010-10-07 (Thu)
我が家でお迎えするインコさんたちは、
みんな青いインコさんです。

一番最初にお迎えしたインコさんは、私が小学校の4年生の頃に、
父が誕生日プレゼントで買ってきてくれた
二羽の青いセキセイインコさんでした。

私は可愛がってはいましたが・・・いぢわるもしたし、
二羽のうちの一羽は、私の目の前でネコにやられました。
その時の、光景が今でもはっきり残っています。

小学生だった私はショックで言葉も出ず、
がたがたと震えてるだけの自分がいて、
ネコを捕まえようとか、後を追いかけようとか・・・
そんなことを考える余裕がないほど、
恐怖でいっぱいになったこと今でも昨日のように覚えています。

今思い出しても、かわいそうなことをしたと・・・
後悔ばかりが残っています。

もう一羽の子は、私が高校生の時アルバイトから帰ってきたら、
亡くなっていました。
母がみとってくれて、止まり木から急に落ちた?おりた?と思ったら、
亡くなったと言って、大事にテッシュの空箱にやわらかいテッシュペーパーを
いっぱい詰めて、その子はそこで眠っていました。

きっと具合が悪かったんでしょう。
だけど、だれもそれを気付きませんでした。
当時、インコさんを動物病院へ連れていくことはないような時代だったので、
どちらにしても、その子の寿命だったのかも知れません。

その子は、父が大事に世話していた庭にエサと一緒に埋めて、
お線香をあげました。

いつもいた子が急にいなくなって、とっても寂しかったことを
思い出します。

空ちゃんや風ちゃんのように、大切にお世話をした子たちではなく、
どちらかと言うと、ちょっとほったらかしにしてしまった子たちだったので、
今でも、あの子たちのことを思うと・・・ひどく胸が痛みます。

父からもらった数少ない誕生日プレゼントだった、
二羽のぴぃ~ちゃんのこと思い・・・
いつもお迎えするのは、青いセキセイインコさんでしたが・・・。


今日、ペットショップをのぞいたら・・・
私に何度も寄ってくるインコさんがいました。
体は小さいけど、一生懸命よちよちと何度も何度も寄ってきました。
その子は羽が生えそろっていませんでしたが、
翼は白で、お腹がブルーの子で元気いっぱいでした。

見ていて、可愛くて可愛くて^^・・・1時間ほどみていた間に、
何羽かのインコさんが新しい飼主さんの元にいくたびに、
あの子じゃなきゃいいなぁ・・・って、ずっと思って見ていました。

あのぴぃ~ちゃん・・・我が家の子に・・・どうしよう・・・。

そんなことを思いながら、今・・・お迎えするキャリーケースを洗っている自分がいます。><

あのぴぃ~ちゃんと仲がいい子は空や風と同じ青い羽のセキセイインコさんです。

そっか・・・二羽一緒・・・って手も・・・。><

風ちゃんが戻ってきたら、三羽・・・。
我が家は人間よりもインコ様の方が多くなるけど、
それも楽しいかもぉ~~~~~~~(はぁ~と)

今晩は、眠れそうにありません。(-_-;)


1時間もペットシップに張り付いている私につきあってくれた大切な友達っ!
ありがとう。^^そして・・・いっぱいいぢめてごめんなさい。(-_-;)(反省)


明日、あの子たちがまだペットショップにいますように・・・。(祈)






| 小鳥さんのこと | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。