04≪ 2009/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-21 (Thu)
つい先日、オーストラリアから別な友達が帰国していました。

オーストラリアで同じ会社に勤めていた人で、・・・久しぶりに、
昔の会社の同僚たちとおいしいチーズフォンデュを頂きました。


その中のひとり・・・Mちゃんは、一年前離婚しました。


彼女は、いつもとびっきり明るくって・・・元気いっぱいで、
友達がいっぱいで、私たちの集まりのリダーシップ的な存在の人です。
そんな彼女を私はいつも、うらやましく思っていました。

去年、離婚したときも・・・淡々と私たちに報告して、
別れた後も、昔のだんな様とよく会ってるのよっ・・・なんて、
いつもの普通の、元気いっぱいの彼女でした。

そんな彼女をみて・・・私は、Mちゃんなら次にまたずぐ、
素敵な人が現れるだろうなぁ・・・なんて、簡単に考えていました。


そして、先週彼女と会ったときも、はじめはいつもの元気いっぱいな彼女でした。
だけど・・・何かの話から、急に涙をいっぱい流し始めて・・・

「自分の人生がとっても、不安なの・・・」って・・・。

それから、自分は性格が悪いとか・・・男を趣味にしてきたとか・・・。
お酒が入っている勢いもあって、そんなことを話しながら涙をぽろぽろ・・・。


そんな彼女の姿を見てて、離婚がとっても辛かったんだなぁ・・・って。
辛いのに、その辛さを誰にも言えないで、ずっと一人で、
がんばってたんだなぁ・・・って。
どんなに心細かっただろう・・・私は、彼女に何もしてあげていませんでした。


人って、ほら・・・笑って元気そうにしていれば・・・その人は元気で楽しいんだって、
勝手に思ってしまうところがあるでしょう?
泣いてれば、悲しいんだなぁ・・・って同情するでしょう?
太宰治の小説じゃないけど・・・見た実際のその人と、その人の心の中は、
まったく別なものなんだと、その時改めて感じました。

幸せいっぱいに見える人は、もしかして必死でその幸せを守っているのかもしれません。
いつも笑っている人は、悲しみをごまかしているのかも知れません。

あなたの気持ちよくわかるよ・・・なんて、簡単に言う人がいるけど・・・
本人じゃなければ、本当の心の中は何もわからないんだよね。

この一年とっても、心が不安定だったって・・・初めて彼女は言ったこと、
涙をいっぱい流してくれたこと、そして・・・本音を話してくれたこと。

なんだか、そのことで私はちょっと安心したのです。

こんなことを、これから先・・ずっと一人で溜め込んでいくもではないと思ったから。
そして、ちょっとは彼女の寂しさを紛らわせてあげることも、
私にできるかな・・・・って思ったから。

元気いっぱいの前向きな彼女が私はとっても好きでした。

だけど・・・今の彼女を私はもっともっと好きになりました。

Mちゃん、がんばらなくともいから、一緒にちょっとずつ・・・
楽しいこと見つけてやっていこうねっ。


スポンサーサイト
| 日々のこと | COM(0) | TB(0) |
2009-05-20 (Wed)
今年の1月、オーストラリアに住んでる友達が帰国して、久しぶりに会いました。

彼女とは学生時代からの友達で、そのときクラスの同じ男の子を好きになって、
数ヶ月間、仲違いをしていたのだけど・・・
今では、離れていても一番の親友と言える人です。

私は、ちょっとだけ・・・人よりも大きな荷物を背負っています。
普通の人は背負わなくてもいいことだけど、そのことが今の生きていく上でも、
心の中に、大きな塊になっていて・・・今まで生きてきた上でも、
その塊は私の未来を邪魔してきました。

だから・・・ちょっとだけ・・・時々・・・やりきれなくなってしまうことがあります。

なんで?私だけ??って・・・。

辛くなると、それがすべてに自分の日常に出てしまうことあります。
生きていくのが、辛かった日々もあったし。。。私にとって大きな大切な未来を、
自分のせいではなく、運命で?!失ったその時、私は一度死んだような気がします。
そのことで、家族にも辛い思いをさせてしまいました。

だから・・・今でも、心が痛いんです。
たぶん・・・この痛みは永遠に続くものだと思います。

だけど、私は今きっと幸せだと思います。
幸せは私の心が決めるものだから・・・私は、普通に生活できてる今を
とっても幸せだって、思っています。
とっても辛い時期を空と一緒に過ごせたし・・・今は、風ちゃんもいるし、
今は、小さな幸せがいっぱい、積み重なっていると思っています。



オーストアリアから帰国したその友達と食事をしたときに、
私はちょっとだけ・・彼女にネガティブな話をしました。
それは・・・ヒーリングストーンの話。

パワーストーンを持ってていても、何も私には効果がないって・・・
そんな話を彼女にしてたら・・・彼女が、私のために・・・大粒の涙を流しました。

「ハナちゃんは、絶対に幸せなの!幸せじゃなきゃダメなのっ!」って・・・。

彼女の涙を見て・・・その時は笑ってごまかしていたけど、
家に帰ってから、せつなくて・・・涙がポロポロ・・・とめどなく流れてきました。

辛いことがたくさんたくさん、あったし・・・今もあるけど・・・
私のために、泣いてくれる親友がいること。

私は忘れないないよ。

元気がない私に、遠い国から大きな花束を贈ってくれたり、
大きなヒーリングストーンを贈ってくれたり、
いつも、私のことを遠くから見ててくれてるあなたのこと、
私はとてもとっても、大切に思っています。



心から・・・ありがとうね。

そして、これからも・・よろしくね。


with lots of love



| 日々のこと | COM(0) | TB(0) |
2009-05-16 (Sat)
風ちゃんと暮らし始めて、もうすぐ半年になります。

とても寂しがりやで、ちょっと気が強くて、毎日を一生懸命生きて、
小さなことでも、楽しみをたくさん見つけて、甘えん坊で、
羽の色が空色で、元気いっぱいで・・・

そんなところが、空と風はまったく同じです。

だけど・・・

空は今思うと、物分りのよい子だったんだなぁ・・・って。

風ちゃんは、トイレでもお風呂場でもどこでも肩に乗ってついてくる。
お皿を洗ってれば、邪魔をして水浴びしてる。
ケージに入れるときは、私の指を血が出るほど噛む。
ケージに入って真っ暗にしても、いつまでも鳴いてブランコに乗って遊んでいる。

空は、トイレやお風呂場には怖くてこなかった。
いつも、近くのキャスターの上に乗って戻るのを鳴きながら待っていた。
お皿を洗っていると、空専用のコップに乗って水の音の真似をしながら、
私が終わるのを楽しそうに待ていてくれた。
何をしても、いつもあまがみだから・・・指を噛まれて血がでるようなことはなかった。
ケージに入って真っ暗にすると、いつも静かに過ごしていた。
真っ暗のケージの中から聞こえる空の音は・・・いつも死にそうになるくらい
激しいセキをする声だけだった・・・。
ブランコも足が弱かったら・・・乗ることは一度もなかった。

空は、いつも元気いっぱいに見えてたけど・・・
そうじゃなかったんだって、いまさらながらに思う。

空は、どんな夜を過ごしていたのかなぁ・・・って時々思う。

心ぼそい夜を過ごしていたのかなぁ・・・それとも、
楽しい夢を見たこともあったのかな・・・。

空ちゃん、今は元気に虹の橋で遊んでますか?
ブランコに乗れてますか?
苦しいセキは出ていませんか?

私は、風ちゃんと過ごしながら・・・そんなことを思っています。


hahanohi.jpg

先週の母の日にビタミンカラーのひまわりと、カーネションを送りました。
飾ってうれしかったのは、母じゃなくって・・・案外私だったのかも。。。

| 風ちゃんのこと | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。