03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-20 (Sat)
昨日18日は、空のお寺の合同供養に行ってきました。

空が、お★様になってからも、毎月かかさずに行っているので、
近くの霊座のペットさんのママさんたちと仲良しになって、
よく立ち話をするようになりました。
まぁ・・・霊座で眠っている、子供たちの自慢話なんですけどね。^^

空の納骨をしたときは、すきすきだった霊座も結構いっぱい入って、
空の周りも・・・すっかりにぎやかになったので、
空も寂しくないんだろうなぁ・・・なんて、思いながら、
近所の霊座に入っているペットさんたちの写真をみながら・・・
一緒に暮らした家族の人たちの想いとか、
愛情が・・・たくさんたくさん感じられて、ちょっと辛くなりました。

最近、空のことばかり・・・思い出して、後悔とか・・・
あの日のこととか、空が生きてたらとか・・・。

そして・・・風ちゃんといると、もっと辛くなって・・・
なんとなく、風ちゃんも・・・私の気持ちを感ずいているようで、
いたたまれない気持ちになって・・・どうしていいかわかならない状況で、
風ちゃんに悪くって、それでも風ちゃんは私に甘えてきて・・・。

風ちゃんはいつも元気いっぱいで、空も健康だったら・・・きっと、
こんな風に遊べてたんだろうなぁ・・・なんて、考えたり。



雨降り地区

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。

動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。

作 者 : 芝 山 弓 子さん




梅雨が始まったせいか・・・心も湿りがちです。
ダメだねぇ~~~ハナは。
空が雨降り地区にいたら・・・大変ですね!^^

雨に打たれて、がんばらなきゃぁ!^^


sun.jpg

ベランダに・・・しその葉がいっぱいなのが・・・ばればれ・・・(汗



スポンサーサイト
| 空ちゃんのこと | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。