05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-10-05 (Tue)
母が入院してから、ほぼ毎日病院へ行っています。
一日だけ、体調が悪くてお休みをもらいましたが・・・。
それ以外は、毎日病院通いです。^^

母は、行くたびに「ありがとうね^^」と、必ず私に言います。

元々、我が家は当たり前のことをしてもらっても、
「ありがとう」と言葉にするようにしています。

だけど、今私は母の世話をすることがとっても幸せだと感じているので・・・
「頑張ってくれてありがとう」って、言わなくちゃいけないのは、
私の方なのだと思っています。


父が病と闘っていた時のことを思い出しました。

私はその時、オーストラリアにいたので、
手術の時だけ帰国して、その後の看病はすべて母一人でやっていました。

その頃の母は、仕事もしていました。
家のことをして、仕事もして、父の看病もして・・・

私は母の世話だけでも、ちょっと大変だなぁ・・・なんて、
思っているのに、母は仕事もしていました。
父の病院は家から近くはなかったし、それでも毎日
何か食べられる物を作って、洗濯物をしょって、通っていました。
それもずいぶん長い間のことです。

そんなことを思い出すと、母にはとてもかなわないや・・・と、
思ってしまいます。


兄が病気になったときもそうでした。

病気で仕事を続けられなくなって、
ごみを捨てに行くことも出来なくなった兄の部屋は、散々なものでした。
私は仕事をしていたので、毎日はいけない状況でしたが、
母は毎日行って、数日にわたりゴミを捨て、部屋の掃除をしていました。
兄は兄で、自分の病気を認めたくない気持と、
ひどい痛みでトイレに行くのも大変な状況だったためか、
母にとても辛くあたっていました。

それでも、母は毎日兄のアパートに通っていました。
そして、高額な医療費がかかるために、
行政や病院に色々な手続きをするために、奔走していました。

元々心臓が弱い母なので、最後は根をあげて
私が会社を辞めて、兄の世話をするようになりました。

当然だったと思います。

身長145cmあるかないかの母が、体重80kg以上ある兄の車いすを押して、
遠い病院まで通っていたのですから・・・母の体も限界だったと思います。

兄はお正月におせち料理を持って行っても、
母や私に会おうとはせず、アパートのドアを開けることもしませんでした。
元々、中学の時はサッカー、高校の時は柔道をしていた人なので、
男のプライドもあったのでしょう・・・
家族の誰とも会いたくないという状況でした。

そんなひどい状況だった兄に、私が怒りを感じ
兄に怒鳴ったことが発端で、兄は行政の保障と、
手術を受ける気になりました。

そうなるまで、母は根気強くずっと兄の世話をしていました。
兄が今病気を受け入れて、きちんと療養していられるのも・・・
母のお陰だと思っています。

これも、私にはとてもできないことでした。
母は一人で弱音も吐かずによく頑張ったな・・・って、つくづく思います。

兄が病気になって・・・本当に、色々なことがありました。
その度ごとに、母は私に「ごめんね」と言いました。
母が悪いわけではないのに・・・母に謝らせてしまった自分が、
情けなくって、悲しくて仕方なかったこともありました。


だから・・・

母が病気になって、今回手術をして少し体は不自由になるけど、
以前よりも快適に生活できるようなることが、
私はとってもうれしく思います。^^
今年の4月まで、痛い足をひきづってずっと働いていた母なので、
少し自分の好きなことをして、のんびりとやっていってくれたらなぁ・・・って、
心から思っています。

母は最近シャワーに入れるようになったので、
なるべくシャワーの時間にはいるようにしています。
その時、母は足がまだ洗えないので母の足を洗ってあげるようしています。

母は決して私に「足を洗って」とは言いません。
「足拭くとぼろぼろとアカがでちゃうのよ・・・」と、笑って言うのです。
それだけ言われても気がつかないおバカな私は、
同室の人に、「お母さん、足が洗えないって言ってから足洗ってあげなさい」と、
言われて・・・初めて、母の言った言葉の真意を知ると言った、
ほんとうに・・・不出来な娘であることを思い知らされています。

母の足を洗ってあげると母はとっても嬉しそうに何度も、
「ありがとうね」と言います。

だけど・・・違うのです。

母の足を洗っていると、何だかうれしくって・・・
母の頑張ってきた足を洗えることにとってもとっても幸せを感じているのは、
私のほうなのです。

本当は週末退院の予定だったのですが、
腰やもう片方の足が悪いこともあって、退院が延びてしまいました。
昨夜手術した足が痛くて、眠れなかったと言うのもあるのでしょう。


ちょっと心配ですが・・・母が退院してきたら、
家で快適に過ごしてもらえるように、今私は頑張っています。^^

明日はケアマネジャーの人が家にきます。
ふぅ・・・なんとか掃除も間に合いました。><
ベットを入れたり、お風呂場や玄関に手すりをつけたりの下見です。

母が帰ってきて、普通の生活に少しづつ戻ってきたら、
その時は、新しい小さな家族をお迎えして、そして風ちゃんの帰りを待ちながら、
また賑やかに暮らしたいなぁ・・・って、思っています。
そうそう・・・家族でまた温泉にも行きたいです。


その日を楽しみにして、今私は毎日を過ごしています。^^



スポンサーサイト
| 日々のこと | COM(1) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。