09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-07-17 (Sun)
我が家の子供たちは本当に小さく、
体重わずか30gちょっとしかありません。

だけど、その体には赤い血が流れ、ご飯も食べて、うんPもするし、
怒ったり、喜んだり、好きだったり、嫌いだったり、
言葉はなくとも、ちゃんと心と感情、子供たちの想いがしっかり宿っています。

目をぱちくりさせて、うれしそうに飛んで、おいしそうに食べて、
私が会社に行く時は、恋は私から離れようとしないで、
ずっと部屋で鳴きっぱなしです。
きっと私が行って寂しいんでしょう。^^

こんな小さな子たちでも、とってもとっても一生懸命に生きています。
そして、私たちの生活の中で楽しく?一緒に暮らしてくれています。




ここ数カ月で地震とか災害とか・・・色々なことがあって、
人だけではなく、たくさんの動物たちも命を失いました。

わんこも、にゃんこも、牛も豚もみんなうちの子供たちと同じように、
感情があり、想いがあり、心があり・・・血が通い・・・。
言葉がないだけで、人と全く同じ命が宿っています。

飼い主を待ち続けて、鎖に繋がれていないのに家の前で餓死した子。
家のにわとりを他の犬から守って、大ケガをしながらも、家を守り続けた子。
生まれたばかりで死んだ親牛の横でガリガリになって生き続けていた子牛。
共食いをして亡くなったネコちゃんたち。

みんな、飼い主を信じ、待ち続け、一生懸命生きようとしていた子たちです。
どんなに心細く、不安で、寒い中で、人間を待ち続けていたのでしょう・・・。



我が家の子供たちは、私に色々なことを教えてくれます。
まっすぐで、やさしくて・・・人間の家族となんら変わりなく、
いえ、人間よりもずっと純粋な気持ちを持っているかもしれません。

私は、できる限りこの子たちの想いに答えてあげたいと思っています。
そして、もちろん!いつでも命を守ってあげたいと思っています。
どんなことがあっても、この子たちを離すことは決してありません。


弱い、動物たちを救えない国が、人を救えるのでしょうか・・・。



どうか、忘れないでください。

動物たちにも心があり、感情があり、私たちと同じ命が宿っていること。

そして、家族ならその子たちの気持ちに応えてあげてください。


大切な大切な命を見捨てないで・・・。


スポンサーサイト
| 小鳥さんのこと | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。