07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-18 (Sat)
今さっき、テレビで怖いビデオをやっていたので、学生時代にあった怖い話をひとつ・・・><

そこのバイト先は高校時代からずっとやっていた、
某駅の中にあったコーヒースタンドで、場所柄駅員さんと仲がよくて、
ちょこちょこよくコーヒーを飲みに来てくれていたし、
プライベートでもテニスに行ったり、飲みに行ったりして一緒に遊んでいました。
私にとっては楽しい居心地のよいバイト先でしたぁ。^^v

そのバイト先は遅番・早番だいたいスタッフ2人ずつで切り盛りしていたんだけど、
ある時、霊能力の強い男の子と遅番で働いていました。
その男の子は、結構可愛い感じの子だったけど・・・ちょっと変わっていて、
急に道を歩いていると「あっちへいけ!」って言ったり、何もないところを見て
「あそこに行ってはダメだよぉ・・・」って言ったり・・・。
本人いわく、小さい頃から幽霊が見えるって言うのです。
だから、道を歩いていて幽霊にぶつかりそうになると、「あっちへ行けって」って、
言って幽霊をおっぱらうんだって、言ってたのだけど、私はあまり信じていませんでした。




忘れもしないある雨の日、その子が改札を見ながらまたへんなことを言いだした。

「あぁ・・・あの人、自分が死んだことわかってないや。今、改札出ていったよ。
 ストレートの長い髪をしている、赤いコートを着た若い女の人。 死んだばかりだ。」

(げげ・・・また変なこと言いだした・・この人><・・・)

それから10分も経たないうちに、仲良しの駅員さんが2人、うちの店に来て、
「わるい・・・ビニール袋10枚位くれる?」・・・って、顔を真っ青にして言った。

「いいですよぉ。何かあったんですか?」って私は聞いた。
実は、ちょっと前から駅の人通りが多くなっていたので、おかしいとは思っていたのだけど・・・

「いや、今自殺があってさ・・・その処理をしてるんだよ・・・」


ハナ「・・・・・・・・・・・・」

一緒にバイトしていた同僚の男の子がすかさず、
「あぁ・・・わかった。赤いコート着た髪の長いストレートヘヤーの若い女性でしょ?」
って言ったら、駅員さんは「えっ!見に行ったの?」って・・・。
そしたら、同僚は「いや、さっき改札出て行くのを見たから」。
駅員さん(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・)
いそいそとビニール袋持って出ていきました。


ハナ(・・・・・・><・・・・・こいつ、マジだったんだぁ・・・)



その後、店長にお願いして二度とその子と一緒の時間帯にバイトをしないようにしました。><


あの子、今頃どうしてるのかなぁ・・・夏になると思い出す話です。><




おしまい








スポンサーサイト
| 日々のこと | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。