05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-09-16 (Sun)
海と恋の病院で、私は天使を見た。

その子は、おばあちゃんの手の中にいた。

羽の色は海ちゃんと同じだけど、海の白い部分、その子はレモン色だった。
おばあちゃんが大事のそうに、タオルの中に包んでいて・・
その子は顔だけしか見えていなかった。
カラーをしていたので、手術をしたんだなぁ・・・なんて思っていた。

とにかくよくしゃべる。
おばあちゃんと会話をしているようによくお話をする。
私はたまたま隣の席で海と恋の番がくるのを待っていた。

二人の会話をほほえましく見ていたのだけど。。。
その天使は、全身麻痺でほとんど体を動かすことができない子だった。
首から下の羽もほとんどなく、ひとりでう●Pをすることもできなかった。
だけど、おばあちゃんは大事に大事にその子にずっと話しかけていて、
その子も、おばあちゃんと一緒にいて楽しそうだった。

二人を見てて、この人たちはお互いが大切で必要な存在なのだと思った。
あんな小さい体ででも一生懸命生きようとしている・・・と言うか、
自分の状況を普通に受け入れて、普通に生活している。

天使の偉大なところは、そういうところなのです・・・。


もちろんおばあちゃんも御世話は大変だと思うけど、
おばあちゃんもきっと、その御世話を日常の中で当たり前にしてるのだと思います。

私は二人の温かい家族を見ながら、この二人がずっとずっと幸せに暮らせるといいなぁ・・・
って、心から思った。




さてさて・・・うちの天使たちですが・・・。
まだ、海は声がでません。回復度70%ってとこでしょうか?

だけど、ご飯もいっぱい食べて元気です。



最近は・・・この子に浮気していますwww


umi_mote.jpg



恋は、ネムネム・・・餌に埋もれて寝ています。^^

ren_sleep.jpg





天使たちは、家族に幸せを運んできます。


なんていっても、幸せの青い鳥ですからっ♪^^v






スポンサーサイト
| 小鳥さんのこと | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。