09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-09-23 (Sun)
今日、東京は酷い雨でした。

海とのお別れの準備をしていると、肩から恋がずっとその様子を静かに見ていました。


恋ちゃん、お別れだよ・・・。


恋はちゃんとわかっています。
私の肩から、手の方に降りてきて・・・ずっと海を見ていました。
海は今にでも、目を開いて「ねぇ~~ちゃん^^」って言ってくれそうでした。


umi_sleep.jpg


雨の中、お寺に到着するとお彼岸なので、人がたくさん来ていました。

海の周りにお花を置いて、海の好きだったパンと粟を置いて・・・
海を見送りました。


20分位して、呼ばれて行ってみたら・・・小さくなった海がそこにいました。
空よりもずっと小さいような気がしました。
荼毘をして下さった人に、「わかればツメを持って帰りたいのですが・・・」と言うと、
一生懸命探して見つけて下さいました。

骨の一部だと海が虹の橋で不自由して、困ると思い、
ツメだったら・・・いつでも伸びるからだいじょうぶかな。。。と思い、
小さな小さなツメを別にしてもらいました。
それをカロートペンダントに入れて持ち歩こうと思っています。

そして、お位牌をお願いして・・・来月18日の合同慰霊祭の時に、
納骨とお位牌の御魂入れをしてもらえるようにお願いしてきました。
空ちゃんのいる霊座に、海ちゃんも一緒に入れようと思っています。

そして・・・海ちゃんが我が家に戻ってきました。

umi_byebye.jpg


悲しくて、淋しすぎです・・・。



恋ちゃんが最近、私から全く離れません。
トイレに行って姿が見えなくなるだけで、凄い鳴き方をするようになりました。



rentoumi_20120923202615.jpg


恋ちゃんは、やっぱり・・・海に恋してたんだよね。

おねーちゃんも、恋ちゃんと同じです。

恋ちゃん、一緒に悲しみと淋しさを乗り越えようね・・・。




スポンサーサイト
| 風ちゃんのこと | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。