09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-02-17 (Sun)
明日はとうとう納骨です。

何だかとっても淋しくって、切ないです。
大切な大切な宝ものが遠くにいってしまうような、
心の拠り所がなくなってしまうような・・・。

何だか、空が亡くなったときと同じ気持ちに逆戻りしてしまったようです。



空の亡くなった直接的な原因は、「誤嚥でしょう・・・」とのことでした。
空の吐き戻しの原因は病院に行ったときは、中毒かも知れませんと、
先生はおっしゃいましたが、レントゲンをとってもっと深刻であることを告げられました。

発情のため、お腹に卵の材料になるモノが蓄積されて、
腸を圧迫して食べたものが降りなくなっているとのことでした。
その卵の材料?を点滴で流すための治療をするために入院しました。

ただ、これはなかなか流れににくいので
最悪緊急手術もありえますと言われていました。
幸い全くうんPが出ていなかったわけではないし、
腸閉塞を起こしているわけでもないので、
ちょと長い入院になるかも知れませんがお薬で何とかしましょうとのことでした。

先生の感じでは、あまり深刻(すぐに亡くなるような)でもなく、
入院も、必ずではなく「お預かりしたほうがよいと思います」くらいの話だったので、
私自身、そんな酷い状況だと言う認識がありませんでした。

年末年始も面会行けるみたいだし、家では何もして上げられないし。。。
それなら、病院にいたほうが安心できるなんて、そんな甘いことを考えていました。

空は、プラスッチックケースの中で私の姿をみて、右左、行ったりきたりしていました。
空の「ね~ちゃん、お家に帰りたいよぉ・・・」って泣いているような病院でのその姿が
私が見た最後の空の生きている姿でした。

あの時のことを思い出すと、心が痛くて痛くて・・・たまりません。

もっと早く具合が悪いのを察してあげたら・・・
発情の対策をもっと徹底的にしてあげていたら・・・

何よりも、あの日、あの時、病院に入院させなければ・・・
空は大好きなお家で、息を引き取ることが出来たかもしれない。
いや、私なら吐き戻しているなら
エサをムリに食べさせなかったかも知れない・・・。
そしたら、誤嚥で亡くなることなんてなかったんだ。

病院の当直の先生が頼りないから、空は亡くなったんだ。
だから、私たちに空のことを何も説明できなかったんだ・・・。

そんなことを何回も何回も繰り返し今日まで思ってきました。
何度同じことを考えても、空が戻ってくるわけでもなく、
私の精神がどんどん暗く病んでいくのを感じていました。
悔しさとやりきれない気持ちと空にごめんなさいの気持ちで。。。
亡くなってから、過ごしてきました。

だけど、今は・・・空の楽しかった思い出と、
空の遺してくれたたくさんの笑顔のプレゼントと、
私が大好きな、「空を大好きだった自分」を取り戻そうと言う気持ちで、
必死にもがいています。

そして、最近は・・・これでいいんだ。って思うようになりました。

あがいて、泣いて、悲しんで、悔しがって、後悔して、憎んで・・・

これらの負の感情は全部自分自身が勝手に生み出した感情で、
決して、空が生み出した感情ではありません。


そんなことを考えてたら・・・空にごめんねって思えてきました。
だけど、このごめんねは・・・今までのごめんねではなくって、
空がくれたたくさんの幸せを否定しまっていた、
自分の心の中にある負の感情に対してです。


何千、いえ何億分の1の確立で、
空に出会えて私はとってもとっても幸せでした。
空、これは、とっても素敵な奇跡?偶然?イヤ、必然だよね?



だから、生きていた空との楽しかった思い出をたくさん思い出して、
空に感謝の気持ちをたくさんたくさん伝えたいなぁ~★って、
今はそんな風にすこしずつ思えるようになってきました。

空きち、ありがとう・・・ねーちゃんは本当に幸せでした。
あなたとの楽しい時間を私は一生忘れることはないでしょう・・・。

だけど、もっともっと一緒にいたかった・・・ネ、空きち。


↓ブログランキングに参加しています。励みになりますので、ぽちっ☆とお願いしますっ♪
ブログランキングにほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
スポンサーサイト
| 空ちゃんのこと | COM(3) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。